陶磁器の金継ぎ修理・金直しは、金謹堂 !                    

                     kinkindo

 

★HOME  修理工程  ご注文から完成まで  お問い合わせ  よくあるご質問  ご注文  特商法に基く表示  ★SiteMap

     HOME > よくあるご質問

 

 

 

  Q. こわれた陶磁器の写真を送れば、修理費の見積りをしてもらえますか?  

 

         こわれた陶磁器の写真を送れば、修理費の見積りをしてもらえますか?

     写真を撮る際の注意点は?

                                                                                     (愛知県 K.M.様)

 

 A. 写真をお送りくだされば、概算ですが、修理費のお見積りを致します。 

 

    こわれた陶磁器の写真を、メールあるいは郵便でお送りください。概算ですが、

    即座に修理費のお見積りを致します。

    写真は、定規・物差しと一緒に撮って、ワレ・カケ・ヒビの寸法が目測できるよう

    にしてください。写真例はこちらです。

 

 

  Q. 樹脂で修理されている陶磁器を、金継ぎ(金直し)で再修理することはできますか

 

         すでに樹脂のようなもので修理されている陶磁器を、金継ぎ(金直し)で修理しな

     おすことはできますか?

         また、料金は、通常の金継ぎと比較して、どの程度割り増しになるで しょうか?

                                                                                     (栃木県 T.I.様)

 

 A. 陶磁器にとって安全な方法を用い、再び金継ぎ(金直し)をすることができます。 

 

    修理に樹脂が使われているのでしたら、たいていは瞬間接着剤・万能ボンド・エキ

      ポシ接着剤などです。

    金継ぎ(金直し)での再修理には、これらの接着剤を、陶磁器にとって安全な方法

    で取り除き、クリーニングします。その後、本漆で接着します。

    手間はかかりますが、クリーニングの一環ですから割増料金はいただきません。

 

       

 Q. 土鍋の蓋が割れたのですが、金継ぎ(金直し)修理はできますか?

 

     母からもらい、大切に使っていた土鍋の蓋が割れました。金継ぎ修理はできるで

     ょうか?

                                                 (M.N様)

 A. 土鍋のような高熱が加わる陶磁器には、金継ぎ(金直し)修理は不向きです。

 

     土鍋のように、煮炊きに使う陶磁器、高熱が持続的に加わる器には、金直しは

    不向きです。高熱によって、接着部分がはがれてしまいます。 

    湯呑や飯茶碗のように、熱いお茶やご飯を一時的に入れるものでしたら大丈夫

    です。

 

 

 Q. 金直しした陶磁器は、すぐ使えますか?

       金直し品を、すぐに使いたのですが?                         (新潟県 S.W様)                                        

 A. 金直し品は、約6ヵ月間乾燥させてからご使用ください。

 

     金直しは、陶磁器の割れたり欠けたりした部分を、漆で接着し、その上から金粉を

      付着させています。この漆が完全に乾燥するまで、学術的には3年間かかると言

        われています。ただ、業界では6ヵ月後から使っても差し支えないとされています。

      このため、お手元に届いた金直し品は、約6ヵ月間乾燥させてからご使用ください。

 

 

 

 Q. 金直しした陶磁器の洗浄は?

       金直し品を洗う際に、気をつけることがありますか?            (新潟県 S.W様)                                        

 A. 金や漆が摩耗しやすいので、漆器を洗うようなやさしさで行ってください。

 

     *洗う際、金属や硬いナイロンタワシは使わないでください。

      *洗剤は、食器洗い用をお使いください。キッチンハイターのような漂白剤は厳禁

           です。

 

 

 Q. 金直しした陶磁器の扱い方は?

       金直し品を使う際に、気をつけることがありますか?            (新潟県 S.W様)                                        

 A. 金の部分が摩耗しやすいので、漆器を扱うようなやさしさでご使用ください。

 

    *金直し品に、他の陶磁器を重ねないでください。重ねた陶磁器の高台部分が、

           金直し部分をこすり、金や漆を摩耗させます。

      *煮沸すると漆が溶けますので、厳禁です。カレーやスープなど、あたたかい料

           理を入れるのは、差し支えありません。

 

 

 

 

 

 

 

修理事例

 

修 理 費

 

おヒマでしたら

 

マイ・オークションをごらんください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   Counter                   HOME――――TOP

                     BACK―――――――――――――――NEXT         

 

HOME | 修理事例修理工程ご注文から完成までお問い合わせよくあるご質問ご注文特商法に基く表示 | サイトポリシー

リンク★SiteMap

 

           

◇ 有限会社ハース 修理部門・金謹堂

◇ 〒666-0143 兵庫県川西市清和台西1-5-38

◇ TEL&FAX 072-799-3359    ◇ 携 帯 090-2383-9317  

◇ MAIL top@kinkindo.com

◇ URL  http://www.kinkindo.com

 

                            Copyright(C)  kinkindo  ALL Rights Reserved.